板谷 爽(イタヤサワ)癒しの仮想通貨投資

イタサワの投資、グルメetc...癒しブログ

ビットコインキャッシュに流れるか

 

ビットコインキャッシュ

上がってきています。

f:id:seiyuzan:20171110110327p:plain

 

segwit2xは一旦延期になりましたが、

リスクヘッジのために、

ビットコインキャッシュに流れている人も多そうです。

 

 

ビットコインキャッシュについて、こんな記事を

拝見しました。↓


Segwit2Xを選ぶことは、Bitcoin Cashをマイニングするよりもリスクが高い戦略であり、BCHが支配的なチェーンとなることはほぼ確実です。

Bitcoinの需要は過去1年間に爆発的に増加しています(Bitcoin価格は過去1年間)
これはBitcoinの容量を大きく伸ばしました。中間取引手数料は過去12ヶ月間で37倍以上増加し(0.123ドルから4.661ドル)、典型的な確認時間は今年の7倍になりました(22分から159分)
市場は、Bitcoinではないcryptocurrenciesに投資する意向があることが証明されています。今年のある時点では、暗号化に投資された金額の60%以上がBitcoinにはなかった
Bitcoinが拡張できない場合、1259の他の暗号化された通貨の1つが使用されます。ブランド力は永遠に続くわけではありません。
Bitcoinの現在のスケーリングのロードマップ(BlockstreamのCTOが書いた23ヶ月)は、「帯域外」でないオフラインソリューション(特にLightning Networkを使用した)の使用によるスケーリングに焦点を当てています。
Blockstreamは将来の収益がオフ・チェーン・スケーリング・ソリューションから来ると述べ、企業としてはBitcoinを他の方法で拡大することでビジネスモデルを損なうインセンティブを持たないと述べています。
LNホワイトペーパーのリリース(21か月前)以来、Lightning Networkはまだ配信されておらず、リリース時期についてはまだ見通しがありません
LNが公開されたとしても、LNは宣伝されているように機能しないことが分かっており、実際には地方分権化の中心的なハブを促進する
米国のような国では、Lightning Channelの提供者は「送金者」として登録しなければならず、規制当局とネットワークを規制と検閲の対象とします
この時点で、それは息をとる価値があり、私たちがどこにいるのかを見てみる価値があります...
私たちは信じられないほどのブランドの忠誠心と価値を秘密にしていますが、競合他社と比較して弱体化し始めている技術にも依存しています。暗号投資家の投資家は、Bitcoinではないコインに投資する意思があることをすでに証明しています。 Bitcoinのスケーリングロードマップを作成した企業は、自社製品の1つでBitcoinを拡張するインセンティブを自然に持っています。彼らはこの製品を提供することはできませんでした。たとえそれがあったとしても、もともと宣伝されていたように機能しないことが証明されており、実際に集中化と規制への曝露が増えます。現在、Segwit Bitcoin 1MBチェーンのための目に見える、または実行可能なスケーリングソリューションはありません。
これにより、今後10日間で何が起こっているのかがわかります。
約10日間で、BitcoinはSegwit1XとSegwit2Xチェーンに分岐します)、Segwit2Xは小容量のアップグレード(2MBブロック)を提供し、
しかし、これはもはや2馬競争ではありません。プレイヤー3がゲームに参加しました。
Bitcoin Cash(BCH)はデフォルトの8MBのブロックサイズを持っていますが、もっと重要なのは、POWアルゴリズムが改訂されているため、
Bitcoinが動作するためには、ハッシュレートが必要です。
ハッシュレートが大きく低下すると、1時間に採取されるブロックが少なくなります。
1MBのブロックは既にフルになっているため、1時間あたりのブロック数が少なくて済み、ネットワーク容量がさらに大きく影響を受けます(BitcoinのmempoolはハッシュレートがBCHと共有され始めているため)
だから我々は今、同じハッシュレートのために競合している3つのcryptocurrenciesを持っています。鉱夫は何をしていますか?
私たちは、鉱夫は利己的であることを知っています。彼らは数十億ドルを作り、既に投資した何百万ドルも保護したいだけです。鉱山者は、彼らに最も多くの金を与える選択をするでしょう。これは攻撃ではなく、Bitcoinの設計方法です。 Blockstreamも同じように動作します。彼らはBitcoinを彼らに最大の利益をもたらす技術を使用するように形づくっています。
今後のフォークでは、鉱夫(ハッシュレートの提供者)には4つの選択肢があります。彼らは:
ハッシュレートを1MB Segwit Bitcoinチェーン(Segwit1X)に捧げます。
ハッシュレートを2MB Segwit Bitcoinチェーン(Segwit2X)に捧げます。
Bitcoin Cash(BCH)にハッシュレートを捧げる
2つまたは3つのチェーンにまたがってハッシュレートを分割する
この時点で、あなたは鉱夫の靴を身に着けて、あなたが何をするのか自分自身に尋ねなければなりません。あなたはこれに何百万もの人を沈め、潜在的に何十億ドルもすることができます。どの選択をしますか?
一部の鉱夫がSegwit1Xを採掘し、一部の鉱夫がSegwit2Xを採掘すると、これらのチェーンの両方でハッシュレートが大幅に低下し、処理能力が失われます。
鉱夫が複数のチェーンにハッシュレートを分割すると、Segwit1XとSegwit2Xの両方でハッシュレートが低下し、処理能力が失われます。
ハッシュレートの大幅な削減に耐えられる唯一のチェーンはBitcoin Cashです。
Segwit1XまたはSegwit2Xのいずれかが生存するためには、チェーンが需要を満たすのに十分な容量を持つことを保証するために大半のハッシュレートが必要です。

 

かたや、ビットコインの方は、

f:id:seiyuzan:20171110110808p:plain

 

81万~83万をウロウロしています。

segwit2xが完全に取りやめになったわけではないので、

急落も否定できませんし、

我社としては、キャッシュが爆上げして、

コインが下がってくれると、

いいなっていう状況です。

 

こんな記事も。

f:id:seiyuzan:20171110111821j:image

 

今日以降にビットコインの難易度調整があり、

13日には、キャッシュのアップデートがあるとか。。

 

真実であれば、益々ビットコイン↓、キャッシュ↑に

なりそうですね。

 

 

ただ、アルゼンチン最大規模の先物取引所である、

ROFEX(ロサリオ先物取引所)

ビットコイン先物の上場にむけて、

準備をしていることが

明らかになりました。

 

 

CMEグループに次いで、

kasoutsuka-sawa-itaya.hatenablog.com

 

次はアルゼンチン。

先物取引を後に続く国が増えそうですね。

 

 

 皆さまランチまであと少し、

がんばりましょう~

 

 

 

 

仮想通貨取引所・販売所「登録」は、こちらからもどうぞ♪

ネムやモナ、トークンを買うならザイフ

zaif.jp

ビットコインFXをするならビットフライヤー

bitflyer.jp

コインチェックの登録はこちら↓

coincheck.com