板谷 爽(イタヤサワ)癒しの仮想通貨投資

イタサワの投資、グルメetc...癒しブログ

ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)の好材料

f:id:seiyuzan:20180425093452p:plain

仮想通貨市場、上昇が継続されていますね(^-^)ビットコインは、100万円台を久しぶりに突破しました。過去に、ビットコインが100万円を突破してから、200万円台に到達するまでに、1ヶ月かからなかった事があります。約22日で2倍までいきました。

加えて、過去にビットコインが上がるとビットコインキャッシュが下がり、ビットコインキャッシュが上がると、ビットコインが下がるという現象も見られています。

今日のチャートを見ると、ビットコインキャッシュは、一旦下落していますね。

f:id:seiyuzan:20180425101006p:plain

しかし、ビットコインキャッシュは今後ハードフォークを控えているので、今後の動きに注目です(^-^)

今日は、ビットコインリップルモナコインの好材料をまとめてみました。暫くは仮想通貨市場、好材料が続くといいですね!

  

ゴールドマンサックスのサークル社、ビットコインの最小取引額を50万ドルに倍増させる

ゴールドマン・サックスが出資する金融サービスベンチャーのサークル社の相対取引OTC取引)プラットフォームは、ビットコイン「堅調な市場」だとして、ビットコインの最小取引額を50万ドルに倍増させたとビジネスインサイダーが4月23日、報じました。

2018年1月後半から、仮想通貨市場はビットコインアルトコインの資産価値が大幅下落し、今年の第一四半期の仮想通貨取引量が減少するなどの減少が見られていますが、

サークル社のジェレミー・アレールCEOは、そういった点に先手を打った行動を起こしています。

また、ジェレミー・アレールCEOは、「取引の最小額は50万ドル、平均額は100万ドルとなった」と述べ、サークル社のOTC取引プラットフォームのサークル・トレードは日常的に1億ドル以上の取引を処理しており「水位は上がり続ける」と語りました。

要するに、低迷していた仮想通貨の資産価値は徐々に上がり続けるということです(^-^)

サークル社は2月に仮想通貨取引所大手のポロニエックスを買収し、仮想通貨ビジネスを拡大していく考えを明確にしています。

 

証券コンソーシアムの期待でリップルが上昇

リップルの上昇要因として、「証券コンソーシアム」があります。

これだけでは、何のことかわからないですよね(;'∀')リップルとどういう関係があるのか

順に説明していきたと思います(^-^)

 

🌷証券コンソーシアムとは?

 

証券コンソーシアムは、SBI証券楽天証券など、証券関連業界が一丸となって、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で設立されました。どういうことかというと、今まで、証券口座を開設しようと思っても、本人確認の書類の提出や手続きが面倒で、途中で開設を断念するようなユーザーの作業を、

ブロックチェーン技術を使って省き、金融機関16社で本人確認プロセスを共通化するなどの実験をしながら、もっと効率的に口座開設できるような仕組みを整えるということです。

この「証券コンソーシアム」の会長に就任したのが、リップル推しのSBIホールディングスの北尾社長なんです。

 そして「証券コンソーシアム」の事務局を担うのが、リップルを活用した各種ソリューションを提供している「SBI Ripple Asia」になります。

 

🌷証券コンソーシアムとリップルの関係性

 

上記の「SBI Ripple Asia」はSBIホールディングスが6割、米リップル社が4割出資して設立された会社なんです。SBIホールディングスは【国際送金のためのプラットフォーム】であるリップル社と提携し、「送金革命」を目指して動いているため、「証券コンソーシアム」を実現するためにはリップルは欠かせないブロックチェーン技術となるため、リップルに期待がより多く寄せられています(^-^)

 

MONAは海外取引所上場を秘めている

2017年10月にモナコインはビットフライヤー上場で急上昇しました。

2000円近くまで行き、現在は500円前後で少しずつ上昇を見せています。

bitflyer.jp

モナコインの現状は、このような感じですが、

f:id:seiyuzan:20180425101852p:plain

上昇トレンドに入ると暫く上昇が続く通貨です。2017年のビットフライヤー上場後、

一時700円台にいき、もうしばらくは上昇しないだろうと思っていた矢先に、2000円近くまでいきました。

この傾向は、モナコインが国内ではもちろん、海外でも人気のある通貨だということが大きな要因だと思います。

今後、QUOINEXGMOコインなどへの上場、そのほか海外取引所でも上場が注目されるモナコイン。ビットフライヤー上場の際は、発表前からじわじわと上昇を続けていました。発表前の上昇下落で差益を取っていたのですが、ずっとホールドしておけば良かったと思ったことがありました。

今から購入して、しばらくもち続けるのも良いと思います(^-^)

 

kasoutsuka-sawa-itaya.hatenablog.com

 

仮想通貨好材料まとめ

仮想通貨投資を始めてから8ヶ月が過ぎようとしていますが、それまでの経験から

感じたことは、「上昇時期は短期間である」ということです。

ただ、その上昇時期には、株などの他の投資とは比べものにならない含み益になりますから、そこを逃さないようにして利確していくことが大事ですね。

イタサワの最近の戦略は、とりあえずバブル期の価格あたりまできたら利確し、

暴落に備え差益をとるための日々のトレードは中止し、暴落時に買い込むことをしようと思っています(^-^)

GW前後にまた上昇が見られると予想する方も多くいらっしゃいますね。GWはトレードよりも旅行という方は 格安!新幹線の旅 がおすすめです(^-^)

 また、海外へ行かれる方は、空港で両替する手間を省ける外貨両替マネーバンク

利用されるとスムーズに飛行機に乗れますよ。

また、今年の大型連休を利用して、自動車やバイクの免許を取るのもいいですよね(^-^) 

あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』 なら、一時帰宅コースもありますし連続して合宿しないでも免許がとれます。

AT限定は168,000円~。昔と違って、車の免許も取りやすくなりましたね(^-^)

連休中にトレードするも良し、旅行するも良し、資格を取るも良し。

皆さまにとって良い連休になりますように~♪

仮想通貨取引所・販売所「登録」は、こちらからもどうぞ♪

ネムやモナ、トークンを買うならザイフ

zaif.jp

ビットコインFXをするならビットフライヤー

bitflyer.jp

コインチェックの登録はこちら↓

coincheck.com