板谷 爽(イタヤサワ)癒しの仮想通貨投資

イタサワの投資、グルメetc...癒しブログ

ビットコインキャッシュ(BCH)、ウェブボット(Webbot)が予測。

 

f:id:seiyuzan:20180220100358j:image

ビットコインキャッシュ(BCH)、ここ数日上昇傾向にあります。

どうやら、この上昇には、WEB BOT(ウェブボット)の予想が一部、

関わっているようです。ウェブボットって?何かよくわからない~ですね笑

今日はビットコインキャッシュ(BCH)の事について書いていきたいと思います。

 

 🎎ウェブボットとは?

Webbotウェブボット)は元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏が、株価の値動きを予測するために作った情報収集プログラムです。

Webbotウェブボット)は、具体的にはインターネット上における掲示板やツイッターなどの不特定多数が集まるサイトに「スパイダー」と呼ばれる言語収集用のソフトウェアが、人々の書きこみする「言葉」を収集し、その感情データなどから株式や仮想通貨などの客観的価格分析を行う言語解析プログラムです。

要約するとTwitterSNSをはじめとするネット上の不特定多数の書き込みをロボットが全て集めて分析し、その発言内容から今後仮想通貨が上がるか下がるかを予測しているのです。

イタサワ自身、上記のことだけを聞くと、「ビットコインキャッシュ(BCH)上がれ!」とか、

ビットコインキャッシュ(BCH)は2月に爆上げする」という書き込み量がすごく多かったらWebbotウェブボット)は反応してビットコインキャッシュ(BCH)が上昇するという分析をしそうだなって若干苦笑してしまいました(^-^;

でも実際にこのWebbotウェブボット)は価格予想において大きな成果を上げていたようです。

そしてそのうちに、株価や仮想通貨の値動きだけではなく、近未来にどういった社会変動が起きるか?という事まで予測し始め、世界同時多発テロ事件(911事件)も(ウェブボット)は予測していたといわれています。

ですがWebbotウェブボット)はあくまでインターネット上のあらゆる書き込みを集めて分析しているだけなので、予測できるのは群集心理が反映されやすい株や仮想通貨などの投資商品の価格で、群集心理に関係なく起こるとされている地震などの自然災害系の予測は難しいというのが現在の見方です。ということは、テロなどは、人間の行動心理から発生してしまうことであり、Webbotウェブボット)は心理分析に強いということかもしれません☺

 

 🎎ビットコインキャッシュ(BCH)の上昇要因

Webbotウェブボット)の予想以外に、ここ最近の上昇の背景には、ビットコインキャッシュ(BCH)を向上させるための二つの新たな「ビットコインアンリミテッド・インプルーブメント・プロポーザル(BUIP、ビットコインアンリミテッド向上提案)」があるようです。何を言っているのかわからない!ですね笑

とにかく、ビットコインキャッシュ(BCH)を上昇させるための新たな提案が2つあるみたいです(^^)/

その提案とは。。

ビットコイン(BTC)からビットコインキャッシュ(BCH)を取り出す方法を説明する文書を作ること。

今までの事例では、コールドウォレットの中のビットコイン(BTC)から分岐されたビットコインキャッシュ(BCH)を取り出すのが難しいとされており、この手順を明瞭化する必要性が問題視されています。より良いフォーク管理やウォレット管理の方法を広めることにより、エコシステムのさらなる健全化を狙うとの事。ちなみにそういった文書の第一稿を作った人には0.25BCHが支払われるそうです。。この提案は既に可決しているそうです。

②BUIP085

bitco.in

こちらの提案はまだ可決されていませんが、ビットコインキャッシュ(BCH)でなされた支払いが「二重支払い(ダブルスペンディング)」になっていないかを警告するシステムの開発が提唱されています。この機能が正しく動作するためには、ネットワークに正しくこの情報をリレーさせ、ウォレット上でも「二重支払い」が発生していないかどうか見えるようにする必要があります。決済速度が速いが故に存在していた二重支払いへの懸念を払拭する狙いがあります。

 また、物品を売買するマーケットプレイスであるオープンバザールでビットコインキャッシュ(BCH)決済が始まったことも今回の上昇に寄与していると見られています。

www.openbazaar.org

また、イタサワが崇拝している♡ビットコインキャッシュ(BCH)を推進するロジャー・バー氏の運営するサイトが「ビットコインキャッシュが本当のビットコインである12の理由」という記事を発表しています。

news.bitcoin.com

 

kasoutsuka-sawa-itaya.hatenablog.com

 

ビットコイン(BTC)との比較の中で、ビットコインキャッシュ(BCH)の優位性を論じています。↓

  • 手数料が安い
  • ブロックサイズが大きく取引処理能力が安定している
  • 決済に使えるキャッシュシステムである
  • ブロックチェーン上でスケールできる
  • 手数料を上げなくても瞬時に取引できる
  • 採用商店が増えている
  • ビットコイン(BTC)は手数料が高く発展途上国における使用に向かない
  • コインを分割したり合わせるコストが無い
  • 検閲に耐性がある
  • セグウィット(署名隔離)を実施しておらず、「デジタル署名のチェーン」である
  • スマートコントラクトを搭載予定
  • ライトニングネットワークの導入を進めるビットコイン(BTC)との「宗教論争」は継続しており、今年もビットコインキャッシュ(BCH)に集まるビッグブロッカーの動向に注目が集まる。

 

 🎎ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の可能性

上記ビットコインキャッシュ(BCH)の優位性から見ても、今後大いに期待できる

通貨です。

例えばウォレットからウォレットにビットコイン(BTC)を送る場合、最近では1000円以上かかります。これはビットコイン(BTC)決済をする上でも同様のため、高すぎですよね。バブル世代くらいお金持ちだったらそこまで気にならないかもですが、イタサワは銀行の振込手数料が756円の時など、「高っっ」って思います(;'∀')

ビットコイン(BTC)はブロックサイズが小さいため、承認を早めようとすれば手数料を高くして優先してもらう連鎖で手数料高騰が起こっています。

逆にビットコインキャッシュ(BCH)の場合は70円~100円くらいです。ブロックサイズが大きいので、トランザクションを処理するために手数料を高くして承認を優先してもらおうとする必要がほとんどありません。ハードフォーク無しで最大32MBまでブロックサイズを拡張できる点がメリットです。

そのため現状としては、決済の実用化ではビットコインキャッシュ(BCH)が有利です。ビットコイン(BTC)が手数料問題・トランザクション詰まり問題を解決できる状態になるには、まだ数年かかるとも言われているので、2018年はビットコインキャッシュ(BCH)が期待され、ビットコイン(BTC)のように100万台とかにいってほしいです。(これも、Webbotウェブボット)が分析しますかね笑)

 

 🎎イタサワとビットコインキャッシュ(BCH)

当社とイタサワは、ビットコインキャッシュ(BCH)については、2017年夏からの

付き合いです。紆余曲折がありながらも、2017年11月は一日で数百万以上利益が出ました。

kasoutsuka-sawa-itaya.hatenablog.com

  

kasoutsuka-sawa-itaya.hatenablog.com

一番初めにビットコインキャッシュ(BCH)を知ったのは、

ビットコイン(BTC)の分裂で誕生したばかりの時に、NHKの番組で

ビットコイン(BTC)を取り上げていてその時に知りました。

今は理解できるのですが、その当時は「箱を増やす」とか「マイニング」とか、

「全く何言ってるかわからない 」って感じでした(;'∀')

昨年の当社の仮想通貨投資での利益を確認していると、ビットコインキャッシュ(BCH)が極めて利益を多く取れました。

ただ、「急上昇するけれども長くは続かない」とうのが自身の経験から感じたことです。

なので、今後はビットコインキャッシュ(BCH)には、利益目標を作っておいて、

ある一定の目標に達したら利確するのがいいかなって思っています。

 

2018年も一日で100万円の利益、出していきましょう~♪

 

仮想通貨取引所・販売所「登録」は、こちらからもどうぞ♪

ネムやモナ、トークンを買うならザイフ

zaif.jp

ビットコインFXをするならビットフライヤー

bitflyer.jp

コインチェックの登録はこちら↓

coincheck.com